Profile

kokoro-Ne(ココロネ)とは?

門井のぞみ・大和田真由・田仲なつきによる 2本のフルート(アルト・フルート、ピッコロ持ち替え含む)、とピアノ(電子ピアノも可能)のトリオ。東京都、埼玉県、神奈川県、千葉県などを中心に活動。

 

ココロネ【心音;自らの心の音に耳を傾け、人の心に響く音楽を】をモットーに、クラシックだけでなくポピュラー音楽などの親しみ易い楽曲を幅広くカバー。
 
様々なジャンルの要素を盛り込んだ大和田真由によるアレンジやオリジナル曲には定評があり、門井のぞみの卓越したフルートテクニックと田仲なつきの柔軟なピアノスタイルにより、色彩豊かなアンサンブルが繰り広げられ、様々なコンサートやイベントなどで好評を博している。

 

定期的な産院でのマタニティーコンサートやファミリーコンサートなどの企画・運営・演奏活動のほかに、新たな作品作りにも力をいれている。

活動歴

 

大学卒業後、同期の門井と大和田、同じ音楽教室で講師をしていた門井と田仲がそれぞれ演奏を重ね、2007年より正式にトリオとして活動を開始。 

2009年に<CD「kokoro-Ne/ココロネ」>を発表。タワーレコード渋谷店インストアライブで好評を博す。 

2010年以降はメンバー全員、計5回の産休育休がありながらも活動を継続。 

同業者からの強い要望がきっかけとなり、2014年にはドレミ楽譜出版社より <楽譜「コンサートで使える中・上級アレンジ フルートデュエット曲集 [ピアノ伴奏付き]  ~ピッコロ&アルトフルートの音色が光る~」>が出版され、現在も重版され続けている。

​2016年2nd/アルバム"Microcosmos”をリリース。同時に大和田自作曲”ミクロコスモス”の楽譜が出版され、大変好評である。

Member Profile
門井のぞみ(フルート、ピッコロ)

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。桐朋学園大学音楽学部研究科修了。
第14回日本フルートコンベンションコンクールアンサンブル部門銀賞(第2位)。
第18回日本クラシック音楽コンクール全国大会木管楽器部門入賞。第41回東京国際芸術協会新人演奏会出演オーディション合格、奨励賞受賞。
これまでにフルート・ピッコロを野口龍、高久進、A.ニコレ、J.ギッポー各氏に師事。
聴いた瞬間に聴衆の心を掴む濃厚な音色と卓越したテクニックを武器に、ソロや室内楽を中心に演奏活動を展開している。

大和田真由(フルート、アルト・フルート、アレンジ)​

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業。
これまでにフルートを野口みお、市毛里香、各氏に師事。
国内のマスタークラスに参加し、フルート・デュオを、ゲイリー・ショッカーに師事。
クラシックを専門としながらも、幼少期から様々な音楽に触れてきた経験を活かし、自らアレンジをして演奏するスタイルを確立する。
色彩豊かなコード感、ジャンルの域を超えた巧みなアレンジは、他の楽器のアーティストからも高い信頼を得ている。

田仲なつき(ピアノ)

上野学園大学短期大学部卒業後、武蔵野音楽大学に編入学し卒業。
讀賣新人演奏会出演。ルーマニア国立放送管弦楽団の日本公演でソリストを務める。
クラシックをはじめ、様々なジャンルの要素を含む難曲まで幅広いタイプの楽曲を得意とし、共演者から絶大な信頼を得ている。コンクール入賞歴多数。
ソロ、2台ピアノ、器楽や声楽のリサイタル伴奏、室内楽など全国各地で演奏活動を行っている。
ピアノを西尾優、濱本恵康、米谷治郎、渡邊玲子、鈴木祥子、各氏に師事。